由利本荘市de子育て

小2と3歳と0歳の3児の子育ての間に由利本荘市で子育てにまつわることを更新しています。

米まつり

由利本荘市で2月に開催された米をテーマにしたイベント、「米まつり」では、

ステージでのショーの他に、

子どもたちの米にまつわる絵画や書道、

米ができるまでのパネル展示がありました。

f:id:yurihonjo-kosodate:20180224122309j:image

昔はこれで精米していたなんて、手間がかかっていたんだなぁと思います。

f:id:yurihonjo-kosodate:20180224122325j:image

原材料に、お米が使われている製品の一部。

お酒やお餅だけじゃないぞ、たくさんありました。

f:id:yurihonjo-kosodate:20180224122358j:image

米俵も昔話でしか見たことがありませんでしたが、初めて現物を見ることができました。

f:id:yurihonjo-kosodate:20180224122441j:image

今回のイベントは、由利本荘市を活性化させたいという思いがある有志の集まり「由利本荘市人財育成塾」(事務局:市役所・総務課)が取り組んだイベントです。

f:id:yurihonjo-kosodate:20180224121911j:image

ネイガーショーあり、米にちなんで米米クラブ公認のノンスモーキー石井さんらによるショーあり、ステージでも盛りだくさんの内容でした。

f:id:yurihonjo-kosodate:20180224124227j:image

カダーレが、端から端まで解放され、スーパーボックス仕様になったイベントは多くありません。かなり開放感がありました。

f:id:yurihonjo-kosodate:20180224124031j:image

お米の食べ比べをされた方は、味の違いが分かったでしょうか。わたしは…どれも本当においしいお米でした^ ^

f:id:yurihonjo-kosodate:20180224124054j:image

由利本荘市の特産を盛り込んだお弁当の販売などもありました。

f:id:yurihonjo-kosodate:20180224124045j:image

今回、絵画と習字作品を寄せてくれた子どもたちで、当日のイベントに来てくれた方にはキューブ米のプレゼントがありました。

f:id:yurihonjo-kosodate:20180224122458j:image

 

 f:id:yurihonjo-kosodate:20180224122507j:image

 f:id:yurihonjo-kosodate:20180224122534j:image

審査員による優秀作品には、作品がプリントされたお米がプレゼントされました。世界でたった1つのお米のラベルです。

f:id:yurihonjo-kosodate:20180224123042j:image

 f:id:yurihonjo-kosodate:20180224123051j:image

ハーブワールドの出前主張があり、稲わらクラフトを作ることができました。私はスワッグを作りました。リースは作っていた友達にもらいました^ ^

f:id:yurihonjo-kosodate:20180224123433j:image

飲食ブースでは、地元のさまざまな出店がありましたが、県立大ではダイエット米の開発がされているようです。

f:id:yurihonjo-kosodate:20180224124129j:image 

今年の7月オープンの鳥海おもちゃ美術館からは出前おもちゃがありました。

 f:id:yurihonjo-kosodate:20180224200553j:image

f:id:yurihonjo-kosodate:20180224200612j:image

米にちなんだイベントでしたが、米から派生していろんな体験をすることができ、子どもたちも楽しかったようです。息子はキューブ米がうれしかった様子。私は稲わらクラフトを楽しめました。

次回はあるんでしょうか?