由利本荘市de子育て

小2と3歳と0歳の3児の子育ての間に由利本荘市で子育てにまつわることを更新しています。

夏休み煎茶教室@カダーレ

以前告知していた
夏休み煎茶教室へ行ってきました~!
煎茶道に関しての細かいことは
リンクを読んでみてください(^^)
http://s.ameblo.jp/kanomameotoko/entry-11855766637.html



和室の床の間を
涼しさをイメージして先生が飾ってくれていました。
掛け軸は「滝」という字が
本当に滝のように書かれています。


一番最初に先生のお手本を拝見してから、
ひとりひとり実践しました。
集まった人数が少なかったのは残念なことだけれど…
ひとり一度に二回お茶を入れるので、
ゆっくり指導を受けることができました。

手が危なっかしいので、そばで見て
あーでもないこーでもないと
言ってしまいます。

お茶を入れる前には
「一煎目さしあげます」と相手に伝えます。




わが子の入れた一煎目…
一煎目は爽やかで甘い味がします。
よりおいしい気がします(^^)
このあと二煎目にもチャレンジしました。


本人がもう一回やりたい!
と言って、もう一度
今度は一回目より細かく指導を受けました。

お茶の種類により、入れるお湯の温度を変えたり、
最初に茶器にお水を入れて冷やしてから
温かいお湯でお茶を入れるやり方も教わりました。


お茶の葉を恐る恐る入れています。



だいぶ手つきが良くなりました。




最後は参加者全員で、
先生のお手本を、もう一度学びます。
お湯の捨て方、
お茶の葉の入れ方や、お盆の拭き方にも
細かく作法があり、奥深い。

朝顔をイメージした和菓子と、
先生が前日に京都で買った焼いてある八つ橋
なんて上品な味でしょう(^^)



ずいぶん前にニュースでも取り上げられていましたが、
急須をもっているおうちが少なくなってるそうです。
お茶はペットボトルやパックのものを買う認識がつよく
わざわざ急須でお茶を入れることもなくなってきているため、急須でお茶を入れられない若者がいるとかいないとか。
・・・ドキリ。

今夏もお茶はお茶でも我が家は麦茶ばかり。
緑茶の殺菌効果なども季節柄
見直したい部分ですね。


夏休みにとても貴重な体験ができました\(^o^)/



11/2の国文祭でも
煎茶教室が開かれるそうなので、
興味のある方、お子さんも含めて
ぜひ参加してみてください。
詳細がわかったら、お知らせしたいと思います。