由利本荘市de子育て

ブログ記事一部工事中。見ずらくてごめんなさい。

死の体験旅行&デスカフェ@久遠山法華寺(秋田市)

知人から聞いて、ちょっと興味のあった 死の体験旅行&デスカフェ。
関東ではいま盛んな活動だそうです(後から知りました)

秋田市にあるお寺で開催されているということで、思い切って参加してみることにしました。
ちなみに、誤解がないように申しますと、私はすでに肉親を病気で亡くしており、両親の亡くなった年齢に自分がどんどん近づいていることに思うところがあり、参加しました。宗教云々関係ありません。
参加する方の経緯は本当に人それぞれです。この日は私のほかにも数人いました。


久遠山 法華寺
秋田市旭北寺1-25
018-823-2318
お寺をつかって、様々な取り組みをされておられるお寺さんです。

www.hokkeji.net

死の体験旅行とは…

「死の体験旅行®」ワークショップは、アメリカのホスピスなどの医療機関で「死に向かう方のお気持ちを少しでも理解できるように」と開発されたといわれるプログラムです。

自分が病にかかり、やがてその命を終えていくという物語を疑似体験する「死の体験」によって、「生と死について」そして「あなたが本当に大切にしているものは何なのか」を考えていきます。参加された方からは「自分と初めてじっくり向き合うことができた」「生きているということがどんなに尊いことなのか気づいた」「家族に対してやさしい気持ちになれた」といった感想が寄せられています。

死について考えるということは、生きることについて考えることにつながります。(久遠山法華寺HPより)

あまり細かくは言えませんが、
ワークショップでは、指示にそって、小さな紙にある項目を書き出していきます。
お話にそって、指示通りに小さな紙を移動させます。
自分の書いた紙が他人に見られることはありません。人と話し合うこともないし、プライバシーが守られていることが非常によかったです。自分の中で完結していくので、否定も肯定もされません。

なにかと忙しい毎日の中で、なかなか自分の気持ちを振り返ることはやりません。というか、その必要性を感じないと思うこともあります。
自分のことなんて、自分が一番よくわからない。
でも、今回自分の中でずっとつっかえていた気持ちを認識するきっかけにもなり、とてもいい時間になりました。

デスカフェでは、死にまつわるあれこれを話してもいいし、テーマはあれど話す内容は非常に自由でした。先ほどまで一緒にワークショップに参加していた方々や、デスカフェのみ参加する方もいます。ワークショップのみで終える方もいるようです。

f:id:yurihonjo-kosodate:20201025172956j:plain

最後にまとめの用紙をもらう



もし、密かに気になっている方がいましたら、おすすめします。