由利本荘市de子育て

小2と3歳と0歳の3児の子育ての間に由利本荘市で子育てにまつわることを更新しています。

池田修三作品展@にかほ市象潟公会堂

池田修三没後十年作品展「いろどり」
が、4/29~5/6まで象潟公会堂で開催されていました。
twitterやほかの方のブログ等で度々目にしていて、

ずっと気になっていたけれど、
子供もじっとは見ていられないし…という気持ちから
行くかどうか迷っていました。
最終日になり、やっぱりいこう!と奮起。
http://www.shuzoikeda.jp/?fb_action_ids=620309301387338&fb_action_types=og.likes&fb_source=other_mu
ブログ
http://www.shuzoikeda.jp/blog/


にかほ市象潟公会堂
にかほ市象潟町三丁目塩越163

昭和9年に建てられた木造二階建て。
市出身者の方が私財を投じて寄贈したそうです。

元は市役所として利用されていたとききましたが、
音の響きが良いことから、
現在はコンサートホールなどにも
活用されているそうです
隣の市にこんなに雰囲気ある建物があるなんて
全然知らなかったなぁ~


池田修三氏(1922~2004)は、
秋田県にかほ市象潟生まれ。
秋田県内で美術教員をされ、
退職後に木版画家の道を歩みました。
「1980年代に秋田相互銀行(秋田あけぼの銀行)のカレンダーや通帳、
NTTや日本生命などの企業カレンダー、
テレホンカードなどに作品が採用され、
秋田県を中心に広くその名を知られるようになった。
2004年(平成16)年に82歳で死去するまで、
情緒あふれる子供たちの情景など、
センチメンタリズムを感じる作品を創り続けた。」(池田修三HPより)

作品展正面には作品のファンの方からの
お花がいっぱいでとってもいい匂いでした。

館内は撮影FREEでした。
作品を愛するボランティアの方々が
多くいらっしゃり、子どもにも声をかけて話し相手をしてくれたので、
その間に作品を鑑賞できました。

黒目の大きい女の子。
物憂げな表情が印象的でした。

多色摺り版画はこうしてできあがる。


創り方のレシピも掲示されていました。
会期中は、木版画を摺るワークショップもあったようで、
行くか行かないか迷っていたことを後悔しました・・。


象潟公会堂の上のほう。
この作りが音の響きのよさの所以でしょうか。









ここにも作品が!
見つける楽しさもありました。


売店は、最終日だけあってほとんど完売状態。
こちらのほか、現在は象潟の道の駅「ねむの丘」でも
ポストカードやボールペン、ファイルや作品画集など購入できます。
友達への帰省土産にもいいなと思いました♪


帰り道なので、象潟の道の駅にも寄ってみました。
風は強いけど、この日は夕日がきれいでした。

奥に雲がかった鳥海山が見えました。




ブログ村参加中☆クリック励みになります☆