由利本荘市de子育て

小2と3歳と0歳の3児の子育ての間に由利本荘市で子育てにまつわることを更新しています。

加茂水族館

足を延ばして鶴岡へ。数年前、加茂水族館に行った時は、古い建物でした。その間に新しく建て替わり、バリアフリーで近代的な感じに。去年、ドキュメンタリー72時間でも定点観測されてましたね^ ^

加茂水族館

山形県鶴岡市今泉字大久保657-1

0235-33-3036

開館時間

9:00〜17:00(夏季17:30)

※入場は閉館の30分前

年中無休

入場料などは…

開館時間・入館料 | 鶴岡市立加茂水族館小学生以下無料です。

いつも風が強いのか、この日だけだったのか、駐車場からクラゲの玄関までやっとたどり着きました。混んでいる日は遠くの駐車場になる可能性もあり、赤ちゃんやよちよち歩きのお子さんには、ベビーカーか、抱っこひもがあった方が良さそうです。

f:id:yurihonjo-kosodate:20180331094440j:image

入ってすぐのところにクラゲ。手づくりな感じがします。

f:id:yurihonjo-kosodate:20180331094457j:image

館内入って最初の展示は、庄内地方の魚たちについての展示があります。間近に見て楽しむコーナーもあり、クラゲを楽しむ前に地域の魚たちを知ることができます。

↓下の表は、庄内地方で採れる旬の食材(⁈)とレシピ。いま見ている魚たちは、私たちの生活に直結してるということを実感します。

f:id:yurihonjo-kosodate:20180401113723j:image

f:id:yurihonjo-kosodate:20180401113631j:image

待てない!クラゲを早く見たい!という方には、ストレートで行けるような順路もあります。

f:id:yurihonjo-kosodate:20180331094712j:image

クラゲの餌やりとお話が聞ける時間に間に合って、係のお姉さんの話を聞くことができました。加茂水族館では、ミズクラゲの孵化も行なっており、生まれたてのミズクラゲの赤ちゃんを見ることができます。クラゲって、生まれたままの姿で大きくなっているわけじゃ無いんだね…

クラゲがどんどん餌を食べて、それが身体に入っていく様子なんて、なかなか見られないので、息子と見入ってしまいました。

f:id:yurihonjo-kosodate:20180331094633j:image

ミズクラゲに触ることもできます。手袋は貸してもらえます。

f:id:yurihonjo-kosodate:20180401114526j:image

この日は春休みで、けっこう混んでいましたが、いろんな種類のクラゲを見ました。

f:id:yurihonjo-kosodate:20180331094736j:image

見ても見ても全然飽きないのはなぜでしょうか。癒しの効果があるのかな?(特に疲れてるママにオススメ。)

f:id:yurihonjo-kosodate:20180331094807j:image

最後に今や有名となった大きなクラゲたちの水槽です。

f:id:yurihonjo-kosodate:20180331094825j:image

またクラゲに会いたい!ということで、年パスを購入しました。入場当日に年パス購入なら、入場料を一旦返金して年パス購入となります。更新の時はクラゲアイス引換券を頂けるそうです。

年間パスポートについてのお知らせ | 鶴岡市立加茂水族館

f:id:yurihonjo-kosodate:20180331095302j:image

気になるクラゲアイス。コリコリするそうです。

f:id:yurihonjo-kosodate:20180401115742j:imagef:id:yurihonjo-kosodate:20180401115812j:image

私はその横で、クラゲを折りました。

f:id:yurihonjo-kosodate:20180401115902j:image

加茂水族館の近くには、お弁当を広げて食べられそうな場所って見当たりません。岩場のゴツゴツしたところ、なんてちょっと危ない気がします。ランチをするなら、しっかりリサーチしてからの方が良さそうです。

実際、私たちは昼過ぎにご飯食べるお店探しで時間かかりました^ ^;看板に美味しそうな感じの定食屋さんを見つけて行ったら、冬季休業中…ということもありましたm(_ _)m